まもるんだらいふ

まもるんだらいふ

私自分の心の平安を、ストレスから守るブログ。その事が結果的に他の誰かの心もストレスから守る事に繋がればいいな的なブログです。

【デグー】お迎えから1ヶ月でベタ慣れ?にした方法

デグー】お迎えから1ヶ月でベタ慣れ?っぽくなったよ

 

f:id:mamorunndalife:20190430124310j:plain

 

どうも!桃瀬モリコです!

 今回はデグーぴーちゃんが、お迎えしてから約1か月でベタ慣れ?っぽくなったよというお話です。

※前回の記事でぴーすけが女の子かもしれないという記事を書きましたが、まだ完全にわかっていないため『ぴーちゃん』と呼ぶ事にしました。

 

この記事を読めば、ご家族にデグーがいる方で、まだそこまで慣れていない、まったく慣れていないという方は何かの参考になったり、いいヒントやいいきっかけになるかもしれません。

 

簡単にぴーちゃんの説明

・誕生日は2019年の1月後半

・桃瀬家にお迎えしたのは4月4日

・ぴーちゃんの性別はオス♂。オスの方がなつきやすいと言うのでオスが欲しいと伝えてオスのケージからぴーちゃんを選びました(だけどたぶんメス♀?)
・カラーはアグーチ (ノーマル)

 

家に来たばかりの頃

 

1.ぴーちゃんは家に来たばかりの頃はズダダダダ!という感じで人間を見ただけでダッシュして逃げていました。外でトラックが通るだけでもズダダダダ!とダッシュします。
夜、電気を消すと怖がっているのかピーピーキーキーと鳴くので間接照明?オシャレな照明でポワーンとした光にして寝ます。

 

2.数日で手からペレットなどをあげられるようになりました

 

3.次はケージに手を入れて、手のひらにペレットを置いて手に乗ってもらおうと努力しました。最初の方は手のひらからパッっと取って持って行ってしまうだけだったのですが、そのままペレットが取られた状態のまま、手のひらを入れていたら手に乗ってきました。

 

すると

 

4.甘噛みされてびっくりした私は手をビクッ!と動かしてしまいました。するとぴーちゃんもビックリしてダッシュで逃げる。その繰り返しが大分(だいぶ)続き、甘噛みに困った私はググって調べます。

 

何やら甘噛みされたら軽く鼻をデコピンするといいらしい・・・

 

私もやってみました。ぴーちゃんはショックをうけました。
そしてデコピンをしてもまた甘噛みをしてきます。

 

デコピンはそれ以来却下!

 

私はぴーちゃんの気持ちになって考えました。
①ありがとうの毛づくろいのつもりで甘噛みをしているのか?
②親愛の証の甘噛みなのか?
③歯がかゆいのか?
④何もしてこないかの確認か?
⑤本気で噛んでたら血がでるはず・・・
⑥ハムスターに噛まれた時は10倍痛くて血が出た
⑦ちょっと我慢してみるか

 

最後の『ちょっと我慢してみるか』が正解だったようで、甘噛みされても我慢するようにしました。

 

イテテテ

 

・・・

 

(がまんよモリコ・・・)ほらね?怖くない。。。

 5.ぴーちゃんは私の手の上に乗ってきました(ケージ内で)
そのままぴーちゃんを怖がらせないようにゆっくりケージの外に出します!

爪をたててケージの中に飛んでいきました

もう一度・・・

次は手のひらから飛び降りて部屋を走り回って捕まえるのに苦労しました。

 

6.私は考えました

・ケージの中だと安心してるのか、手の上に乗っててくれる
・ケージの外だと爪をたてる。(たぶん怖いんだ…)

 

よし!外に出たらおやつをもらえるんだよ作戦をしよう!

 

1.それからおやつは外でしかあげないようにしました。

 

2.私は試しにおやつを使って芸を覚えてもらおうとしました

 

くるん!まわって!

 一発で成功しました!!!

 

それからも何度も成功してくるん!をマスターしました

 

「のって!ピョン!」

ぴーちゃんはひざにピョンをあっさり取得

 

「ピョン!飛んで!」

ぴーちゃんは膝から飛ぶピョンを取得しました

 

「ぴーちゃんくぐって!」

うまくいきませんでした。ペレットで誘導して何度か成功。
『くぐって』は怪しいです

 

『肩!乗って!のんの!』

これはあっさり成功!ぴーちゃんは肩が大変気に入りました。

 

ぴーちゃんは

『くるん!』

『膝!乗って!ピョン!』

『飛んで!ピョン!』

『肩!乗って!ピョン!』

 

を覚えました

 

しかし

 

3.それからというもの、ぴーちゃんはお外を気に入ったのか脱走を試みるようになったり、ケージの蓋を開けると飛び出して行ってしまうようになりました。それどころか、ペレットの容器の音をたてて気を引こうとしても、帰ってきてくれない事があって大変な時もありました。

 

それから

 

よし!おやつは外であげないよ作戦にしよう!

 

1.ぴーちゃんはまず外に出るとおやつが欲しいのか『くるん』や『ピョン』が楽しくて早くやりたくてウズウズしてるのか、外に出すと興奮してしまいます。

手の上に乗ってても爪をたててくるので痛いです。なので、おやつを外であげる事をやめました。

 

2・外に出す時は地面に絶対降ろしません。
降ろす時は廊下だけ。
私の手の上か腕か肩かのどこかにしかいさせません。

 

3.するとぴーちゃんは外に出す度に最初から気に入った様子だった『肩』に来るようになりました。特に左肩がお気に入りで右肩にはあまり行きません。

 

左肩7・右肩3 くらいの割合です

 

4.ぴーちゃんは肩に乗せておくと動きません。手でぴーちゃんを持ち上げケージに返そうとしても、嫌がり、また左肩に乗ってきてしまいます

 

5.それからというものぴーちゃんは外に出すとピョンピョン!!!と真っ先に私の左肩に飛び乗りズットちょこんと座ってあくびしたりしながら座ってます。

 

6.実は3つ前の記事くらいから、パソコンでブログを書くときぴーちゃんは左肩に乗っかったままです。私がカタカタ文字を打ってても飲み物を飲んでてもずっと左肩に乗っかています。

 

7.なかなかケージに帰ってくれないし、降ろそうとすると爪をたてたり「グーグー」と不機嫌そうな声を出して、爪をたて肩にめり込ませてきます。

 

8.肩に乗っけててう〇ちしたりオシ〇コしたりしないのか気になる人も多いはず、肩に乗っけててう〇ちした事が二回あります、ですが私は気づきました。
ぴーちゃんがトイレしたい時は右肩に移動します。そしてオシ〇コの時はお尻を地面にくっつけてすりすり歩きここでするかズリ!ピタ…!チョロ・・・。とするので、右肩にきたらケージに帰ってもらうようにしています

 

肩にずっと乗っててくれるのに手の上でおとなしくしてくれない

 

1.ぴーちゃんはケージの中に手を入れると手のひらにダッシュできて顔をうずめたり指を抱きしめたりしてきます。手が怖い訳ではない様でした。

 

2.ケージの中で手のひらを上に向けておくと乗っかって手の上で眠ります。
でも外に出すと起きてしまって爪をたて肩に来てしまいます。

 

3.私は手の上でも落ち着いていてほしいので常にケージに手を入れっぱなしにして手の上で寝る事を覚えさせました。腕が疲れても痛くてもずっと我慢。耐え続けました。

 

4.今ではケージの外に出しても手の上で寝ていてくれます。

 

今回のまとめ

 

・ペレットを手からあげる(ケージの外からor中に手をいれて)
・手のひらにおやつかペレットを置きあげてみる
・手の上に乗っかる
・ケージの外に出すと爪をたてる、どっか行こうとする
・ケージの中じゃないと安心できない
・甘噛みはさせてあげる(痛かった場合は強引になでなでする)
・おやつを使いコミュニケーション
・芸に挑戦
・一緒に遊ぶ楽しさを知ってもらう
・外に出す場合は何もない所(私の家の場合は廊下…)
・外で遊ぶのを気に入ってしまった
・おやつはケージの中に手を入れてあげるようにした
・外に出ても興奮しなくなった
・左肩がお気に入りになった
・トイレしたい時は右肩に行くようになって右肩に行くときはスンナリとケージに帰ってくれる
・でもケージの外だと手の上で寝てくれない
・肩の上なら寝る
・ケージの中に手を入れっぱなしにして手の上で寝る事を覚えさせた
・疲れても、痛くても我慢!
・手の上で寝てくれるようになった!

こんなところでしょうか?
今は新しく『鼻チュ(*´ε`*)チュッチュ』をマスターしました。笑

 

最後に


たぶんこの記事通りにやればうちのぴーちゃんぐらいには慣れてくれると思います。
慣れてくれないという方で、お外でペレットやおやつをあげるようにしている方がいたら逆にしてみてください。

ウチのぴーちゃんのように外で興奮する子になってしまっている可能性があります。
ペレットやおやつをあげるときは手のひらの上にペレットやおやつを乗せてケージの中に手を入れ手のひらを上に向けたままにする。手の上にごはんがなくなったらもっとないの?クンクン。と探し始めるはずです。ひたすらなでなでしましょう。そして手のひらを上に向けて待ちます。手の上で座ったり寝てくれたらそのままを維持。。。頑張って、疲れても、痛くなっても維持。。。です!

 

外に出しても手で寝てくれるようになったら手でデグーを包み込みゆっくりと手をくるりとさせて仰向けに。スヤスヤと寝てくれるはずです。

 

いかがだったでしょうか?デグーの年齢や性格によって様々だとは思いますが、デグーと仲があまりよくない。なついてないと思う方はぜひこの記事の方法を試してみてください。